• 2013.05.05 ホームページがオープンいたしました。
  • 国宝 大日如来 多宝塔の本尊。密教の根本仏で、智拳印を結んだ金剛界の大日如来です。藤原和様から鎌倉新様に移る過渡期に当たる運慶青年期の快心の作であり、自筆の墨書銘をもつ最初期の作として、日本彫刻史上画期的な意義を持つ尊像です。 続きを読む

  • 春日奥山道(滝坂の道) 春日山の東の山中は、古くから僧の修行の場所でもありました。行場とおぼしき遺構とともに、数多くの石仏が点在しています。それらの石仏たちは、山中を回峯して修行した多くの僧たちが礼拝し、また薄暗い参道を往復する人々の心を支える、祈りの対象でもありました… 続きを読む